【運動器7】臨床での『想定外』がリハビリにもたらす事象~ホリエモンから脳科学まで~

  • Line
  • Hatena
248 posts

誰もが担当する患者さんのリハビリがうまく進んでほしいと願います。行ったプログラムで期待したように変化したときは「やった!」という気持ちにもなりますが、臨床では予想していないことも起こります。そんな時でも「想定内です」とかつてのインフルエンサーのように意地を張りたくもなります。しかしリハビリの工夫次第で、患者さんにとっての「想定外」がリハビリへのイメージや取り組みを変える劇薬にもなるのです。そのdriving forceとなるのがドパミン。読んだ方にとって想定外になること必至の記事です。

Buenas noches!terapeuta!(スペイン語でこんばんは療法士のみなさん)、週の真ん中水曜日の江原です。 いやぁ熱かったなあ!気温じゃないですよ。熱かったのは夏の風物詩・新日本プロレスの『G1クライマックス29』の結果に決まってるじゃないですか。 新時代の幕開けとなる大会でゴー...

This article is an article limited to premium members only.

Regist premium member
  • Line
  • Hatena
【運動器7】臨床での『想定外』がリハビリにもたらす事象~ホリエモンから脳科学まで~
マイナビ
43177
43183

PR

Articles

Bnr 01